資格の取り方

肩こりのシニア男性

整体師になるためには、知識や技術を学ぶ時間、費用が必要です。それだけに費用もかかる時間も、それから手技の種類も様々で、早い話が何でもありの状態です。それですから整体師になるにはどうしたら良いか というよりもむしろ、なってからどうして行くか ということの方が重要であり、その人に本当に技術があればお客さまは来るでしょうし、なければ競合者の多いこの業界、全く来てくれないでしょう。ただそれは、国家資格を持っている他の師業も同じことです。その人次第なのです。

競合者が多いだけに、他の例えば作業療法士などの資格と並行して取る人もいるようです。そうすると、医師の指示のもと病院で働けるようになります。 また、資格を全然持たないでマッサージサロンなどを開く人も多いですが、その人のカリスマ性、腕前に惹かれてお客さんが絶えないサロンもあります。ですので、整体師になるにはどうしたら、というより、なってからお店が流行るためにはどうするかを考えた方が成功します。全然、整体師になるには という見出しと合っていませんが、資格があってないもののような現実から、これが正しい解釈なのです。 それから、結局その人の人柄や腕に惹かれて来るわけですから、やはり明るく、患者さんの立場に立って施術する訓練をした方が良いでしょう。